重陽 菊の節句の席で

9月9日は重陽。菊の節句です。小唄を楽しむお客様がご来店くださるので、床の間には菊を。 秋の日は釣瓶落とし、と言いますので、竹の一刀彫の釣瓶に、ドライにしている老爺柿とバラの実をかけ、後ろに小さい花器を置いて、菊とヤマブ続きを読む “重陽 菊の節句の席で”

枝先を遊ばせる

9月1回目の教室です。9日は重陽、菊の節句なので、型のレッスンの方には菊を数種類混ぜていけてもらいました。枝はカクバアカシアとユーカリから。カクバアカシアは私もいけたことがないので、好きなタイプではないと思いつつも選んで続きを読む “枝先を遊ばせる”

イベント二週目の会場の花

今週も店でのイベント「伝統芸能ウィーク」は続きます。相変わらずの猛暑なので、花材は限られます。 会場となる部屋の床の間は、暑さにも強いレンギョウ。ピンクッションとスプレー菊を合わせました。こういう場所での気をつける点は、続きを読む “イベント二週目の会場の花”

いい枝振り

葉が青々と美しいボケがあったので、もう、その美しい枝をどう見せるか、その一点だけを考えました。木肌もいいので、足元に菊をあしらい、上の方はすっきりとボケだけにしています。 ボケは一ヶ所だけ角度をつけるように軽く折って、少続きを読む “いい枝振り”

1月2回目の教室 四方正面

一月は正月休みがあるため、イレギュラーで第五週に教室でした。今回は少し早めのレンギョウ、ギンコウバイにそれぞれ好みの花を選んでもらいました。 ちょうど四方正面といって、どの方向からも見られる花をいける課題の方が重なったの続きを読む “1月2回目の教室 四方正面”

葉が落ちても

 芳町亭の玄関前の甕は、強い日差しも当たらず、水もたっぷりなので、驚くほど花が長持ちします。今は、昨年12月に購入した、苔付きのツツジがまだ元気で、というより、これは葉より、苔のついた枝を楽しむ花材なので、葉が落ちた後も続きを読む “葉が落ちても”

白梅

竹工芸家・初田徹さんの竹籠に、白梅がぴったりだと思い、先週後半の花を、あれこれといけかえました。今回の白梅は華奢で、枝ぶりがよく、それだけでも十分でしたが、やはり正月なので、少し華やかにしました。 白梅と、淡いピンクのフ続きを読む “白梅”

正月明け 

 明日から店の営業が始まります。ということで、昨年末にいけた正月花のアレンジで。若松にセンリョウ、咲き始めた白梅、そして渋い色の菊。 三連休が控えているので、たっぷり水が入る花器で、若松は立てて使いたいので、花器から選び続きを読む “正月明け ”

特別教室 正月花レッスン3

12月最終日曜の特別教室でおこなった正月花レッスン。大王松、根引松に続き、若松です。 若松は正面を向け、2本の若松をきっちり緊張感を持たせて立てるところから。あとはいろいろな美しい菊が出る頃なので、嬉しくなって三種類入れ続きを読む “特別教室 正月花レッスン3”

蝋梅の香りに癒される

 先週末の教室では、皆さんにロウバイをいけていただきました。ロウバイは枝が硬くタメも利かないし、枝もボキボキと付いているので、なかなか厄介です。おまけにこの黄色い花が香りが抜群に良く、もったいなくて切りにくいのです。  続きを読む “蝋梅の香りに癒される”