夕霧

雨の多い季節。紫陽花だけではなく、青や紫の水を思い起こさせる色をいけたくなります。今回は夕霧草。普段、このブログでは植物はカタカナで書いていますが、こういう美しい名前は漢字が似合います。 夕霧草は日持ちしませんが、欲しく続きを読む “夕霧”

竹籠に遊ばせる

前回の投稿同様、週末の津軽三味線イベントでの、食事席の床の間の花。演奏会場の花が派手で大きかったので、食事席はおとなしく。 竹工芸家の初田徹さんの竹籠に。初田さんは22日ぐらいまで学芸大学で個展開催中。今回のイベントに重続きを読む “竹籠に遊ばせる”

春らしく籠に

いい枝で、大きく見せる花を一ついけると、細々した花で優しい花もいけたくなります。というわけで別の床の間には、竹工芸家の初田徹さんの竹花籠に、ルピナス、フリージア、シレネーを。 ルピナスは、もう少し華奢な時の方が、葉っぱが続きを読む “春らしく籠に”

春のやわらかさ

外を歩けば桜が満開。ただ今週は、市場に花が少なかったとかで、花屋さんにもお花が少なく、ちょっと悩みました。 写真は、ワックスタイプのラナンキュラスにディアネラ、リキュウソウ。こういう時は、花入に助けてもらう。竹工芸家の初続きを読む “春のやわらかさ”

白梅

竹工芸家・初田徹さんの竹籠に、白梅がぴったりだと思い、先週後半の花を、あれこれといけかえました。今回の白梅は華奢で、枝ぶりがよく、それだけでも十分でしたが、やはり正月なので、少し華やかにしました。 白梅と、淡いピンクのフ続きを読む “白梅”

伝統芸能ウィーク 二週目のお座敷は青々と

花入が決まっているときは、数パターンの代替案を頭に入れながら、花材を買うようにしています。前回投稿した尺八型のものなどは、花材を選ぶので、絶対に使いたい日以外はチェンジしても仕方がない、くらいの気持ちと準備をします。 日続きを読む “伝統芸能ウィーク 二週目のお座敷は青々と”

ギャラリー最終日~花の掛け軸との相性

 鉄線は大好きな花の一つです。一輪でドラマチックな佇まい。色も深みがあって存在感があります。今回のグループ展では、前回アップした玄関のお迎え花にも使いましたが、銀座の古美術桃青さんからお借りした貴重な掛け軸を飾った部屋に続きを読む “ギャラリー最終日~花の掛け軸との相性”