高さをいかして

カヤガマが美しかったので、今週は本店の玄関にも。美しいことは間違いないのですが、この高さ、いける場所を選びます。そしてこういう葉は枯れるのも早いです。 写真は玄関に置いたカヤガマ、リョウブ、スカビオサ。 芳町亭の床の間に続きを読む “高さをいかして”

緑が深くなる頃

先週末のイベント用に部屋の床の間にいけたものです。こちらの部屋もお食事席で、会場の大きな花と変えて、静かなものにしました。 器は草野啓利さんのガラス器。深い緑に紅葉の若葉、先々週にギャラリーの時に使っていたリョウブとアケ続きを読む “緑が深くなる頃”

ボサボサか、フワフワか

先週末の教室でも使ったユキヤナギに、カワラナデシコ、その前から元気なリョウブを。 ユキヤナギは、春先の花の時期、秋に葉が色づく頃などによく出てきますが、今回は新緑。細かい枝がボウボウとたくさん出ていて、ボサボサになるので続きを読む “ボサボサか、フワフワか”

5月のいけばな教室1 

グループ展も終わり、週末はすぐにいけばな教室でした。今回はリョウブとヤマボウシのどちらか、そしてそれぞれ花を選んでもらって。リョウブはとてもいけやすく、整理して取り除いた小さな枝も一輪挿しに入れて可愛らしく使える便利な花続きを読む “5月のいけばな教室1 ”

存在感のある大きな壺に

グループ展も終了。少しずつ、期間中の花を紹介します。まずは一番広い床の間の花。 ユアン・クレイグさんの大ぶりの壺に、イタヤカエデ、リョウブ、クレマチス。ちょうどグループ展前に店先の植木の伸びすぎた部分を剪定したので、とい続きを読む “存在感のある大きな壺に”

ギャラリー最終日~花の掛け軸との相性

 鉄線は大好きな花の一つです。一輪でドラマチックな佇まい。色も深みがあって存在感があります。今回のグループ展では、前回アップした玄関のお迎え花にも使いましたが、銀座の古美術桃青さんからお借りした貴重な掛け軸を飾った部屋に続きを読む “ギャラリー最終日~花の掛け軸との相性”