豆柿

秋は実をいける楽しみがあります。この豆柿は、先週末のいけばな教室でも使った花材です。直線と曲線の構成、あらゆる角度から見られるように、ということを学ぶお二人用に用意しておきました。 写真は小さい床の間に。豆柿は長さがあり続きを読む “豆柿”

広告

紅葉の色の違いを楽しむ花

赤、黄、橙さまざまにいろづくドウダンツツジがきれいだったので、もたないかなぁと思いながらも購入してしまいました。枝を広げ、間隔をあけてついている葉が魅力なので、広げられる大きめの床の間に、広がるようにいけました。  紅葉続きを読む “紅葉の色の違いを楽しむ花”

ちょっと変わった葉

ふちの赤さが印象的なプロテアコルダータの葉に、赤いバラの実を一枝。奥の細くつんと伸びた草はフジバカマ。  こういう変わったものを買う時は、だいたいあの場所にあの花器で、なら合いそうだということを考えて買います。このプロテ続きを読む “ちょっと変わった葉”

緑もいろいろ

玄関のお迎え花は、少し華やかな要素を入れるように心がけていると、前回書きましたが、玄関の内側も然り。特に本店の玄関はそこまで明るくなく、壁も土壁の黄土色なので、例えば青いリンドウなどは、色がすごく黒ずんで映ります。 です続きを読む “緑もいろいろ”

色づき始める葉に惹かれて

先週使っていたウスノキの葉が、ほんの一部、黄色く色づき始めているのを見て、秋の花をいけたくなりました。 あわせたのはワレモコウ、藤色のリンドウ、フジバカマ、クジャクソウ。広い床の間なので、広くたっぷりと。ワレモコウは短く続きを読む “色づき始める葉に惹かれて”

秋の風情

 小さく可憐な花をいろいろと混ぜていけると、秋の風情を感じます。 本店の玄関の甕には、ソケイ、まだらな葉のドラセナ、オオニソガラムの白い花が先週から入っていましたが、少し整理して、ウスノキ、フジバカマ、キンミズヒキを加え続きを読む “秋の風情”