一輪の白

照り葉に合わせたい花は色々とありますが、少し明るさが足りない場所には、白もいいものです。特に葉の色がくすんでいる時など、ぐっと清潔感が出ます。 小さな床の間には、もう三週目になるイワツツジの照り葉。いい部分だけ残しながら続きを読む “一輪の白”

広告

緑が深くなる頃

先週末のイベント用に部屋の床の間にいけたものです。こちらの部屋もお食事席で、会場の大きな花と変えて、静かなものにしました。 器は草野啓利さんのガラス器。深い緑に紅葉の若葉、先々週にギャラリーの時に使っていたリョウブとアケ続きを読む “緑が深くなる頃”

教室の花から料理屋の花へ

前回投稿のいけばな教室の花を、店の営業用に少しアレンジ。花が少し余っていたのと、いろんな席から見ることを考えて、テッセンを足しました。 正面 右側から。部屋に入った時に目に入る感じは、こちらです。 そして左側の席の方から続きを読む “教室の花から料理屋の花へ”

残った花材で

先週のギャラリー営業で残った花材を再利用。ベル鉄線の花は終わっても、葉が綺麗だったので、葉の部分とタンチョウアリアムで動きのある花を。今週末は土曜に津軽三味線の演奏会があり、週途中で花を買い足すので、それまではあるもので続きを読む “残った花材で”

ビジョヤナギの枝

気候の変化も手伝ってか、自分がいけばなを始めた頃と花が変化してきた、という話を花屋さんとした翌週、話題にのぼったビジョヤナギを仕入れてくれていたので、嬉しくなって選んでみました。 ビジョヤナギは黄色の美しい花が咲きますが続きを読む “ビジョヤナギの枝”

花の名残り

今週から店で和カフェ営業が再開しました。テーブル花をいくつか置いているので、その中から。 グループ展にも参加してくださった草野啓利さんの吹きガラスの花器に、花びらが散った後のテッセン。 テッセンは種類も様々。これはどちら続きを読む “花の名残り”

5月のいけばな教室1 

グループ展も終わり、週末はすぐにいけばな教室でした。今回はリョウブとヤマボウシのどちらか、そしてそれぞれ花を選んでもらって。リョウブはとてもいけやすく、整理して取り除いた小さな枝も一輪挿しに入れて可愛らしく使える便利な花続きを読む “5月のいけばな教室1 ”