ギャラリー&カフェにて ユアン・クレイグ作品に

ユアン・クレイグさんの作品には、玄関のお迎え花はたっぷり花を入れているけれど、他はシンプルに。というのも、口元を含め、どんな形をしているのか、お客様にしっかりと見えることが第一です。なので、普段は投げ入れだと花の足元、花続きを読む “ギャラリー&カフェにて ユアン・クレイグ作品に”

ツツジの枝を動かす

先週末のいけばな教室で用意した枝のひとつ、ツツジは種類によってはタメがきいて、自分で表情をつけることができます。なので、参加してくださる皆さんの参考までに、こんなに動かせます見本を用意しました。 ちょうど一種いけをなさる続きを読む “ツツジの枝を動かす”

いけばな教室 足元を遊ぶ

今回の教室は夏ハゼとツツジを用意しました。どちらもいい枝が揃ったので、というより、基本の型をいけるには少し暴れすぎているくらいの枝もあったので、逆にそういう部分だけ集めて、面白い枝ならではのいけ方をしてみました。 ゴンス続きを読む “いけばな教室 足元を遊ぶ”

桜にちなんだ演奏会に

12日の土曜日は、胡弓と地唄三味線の演奏会「桜に揺れる悠久の音色」を店で開催しました。 タイトルに「桜」といれたので、ここは桜をいけねば。桜の難しいところは、花の色と花のつき具合です。もう少し季節が進むと色が濃く大ぶりで続きを読む “桜にちなんだ演奏会に”

葉が落ちても

 芳町亭の玄関前の甕は、強い日差しも当たらず、水もたっぷりなので、驚くほど花が長持ちします。今は、昨年12月に購入した、苔付きのツツジがまだ元気で、というより、これは葉より、苔のついた枝を楽しむ花材なので、葉が落ちた後も続きを読む “葉が落ちても”

花を変えて使いまわす

12月第一週に店でおこなったイベント用にいけた花をつかいまわし。もともと苔付きのつつじは長持ちするだろうと想定して購入したものです。葉はどんどん落ちていきますが、枝ぶりの良さとミントグリーンの苔が魅力の花材。ここに花を変続きを読む “花を変えて使いまわす”

イベントの花 「講談 赤穂義士伝を聴く」に合わせて潔く

今回は4日店で開催したイベントの花です。「講談 赤穂義士を聴く!」で、宝井琴調さんと、神田山緑さんというお二人の男性講談師にご出演いただいたので、少し硬い感じの花にしました。 苔付きのツツジは枝振りが良かったので、ほぼそ続きを読む “イベントの花 「講談 赤穂義士伝を聴く」に合わせて潔く”

ツツジとミツマタのいけ替え

4月の生け花教室は4日と18日。今回は先週後半のいけ替えから。 先週のいけばな教室でも使ったツツジに、ミツマタを合わせていけ替えました。ミツマタは名前の通り、一か所から三つに枝分かれして、広がっている。少し切って整えても続きを読む “ツツジとミツマタのいけ替え”

ツツジとミツマタ

3月2回目の芳町亭いけばな教室は、大雨の中。教室ではツツジかキイチゴ、花はそれぞれに。  今回は参加者が少なかったので、私自身もじっくりと枝を作っていけました。掛け軸も桜だし、桜も見飽きているかも、と思いながら、ミヤビサ続きを読む “ツツジとミツマタ”