トクサの使い回し

先週、トクサをたくさん使っていましたが、根が出てきて、まだまだ元気だったので、店の入り口の甕にまとめていけました。根元をゴムでまとめ、曲げたラインが重なるように。 ゴムが見えないよう、アジサイを添えて。ひどい暑さで、水甕続きを読む “トクサの使い回し”

広告

枝を遊ばせて

山ゴボウも、つい買いたくなる花材です。実が黒くなってくると、落ちた時にシミになるので、座敷や床の間には注意が必要。今回はまだ実が緑なので、床の間にいけました。色づいてきたら気をつけなければ。 遊んでいる実を生かすために、続きを読む “枝を遊ばせて”

面の構成 夏らしく

先週末の教室で、サンプルでいけたのはモンステラ、アンセリウム。テキストも進んでいくと、「面の構成」を学ぶテーマがあります。その時の参考に。 こういう花は床の間に合わないので、店ではあまり使いませんが、夏らしくて新鮮。今回続きを読む “面の構成 夏らしく”

アジサイの季節

先日、久しぶりの週末お休みで、そうなると溜まりに溜まった用事と、遊びにも行きたいのとで、なかなかのハードスケジュール。その合間に店の花をいけようと、パッと決まる花材を選びました。 ところが、慌てるのは良くないことで、花の続きを読む “アジサイの季節”

着物と同じ色合わせ

 本店の玄関先の甕には、先週のガクアジサイが残っていたので、その花がいつ終わってもいいように、ライデンと赤いピンクッションを。 赤い着物にあわせる帯でよく使うのは優しい水色や青。綺麗な白などを合わせると、それもまたいいの続きを読む “着物と同じ色合わせ”

先週の花材でテーブルに

窓辺には、先週のサンキライを。長くて太め、実がぎっしりのサンキライは、絡めたり、整理したり、が必要です。絡めて使う場合も、どんな方向にも自在に、というわけではなく、まとまりやすいほうにすると、大抵は葉がみんな内側に向いて続きを読む “先週の花材でテーブルに”

竹花篭に混ぜさし

今週は可憐な花材がいくつかあったので、混ぜさしに。 珍しいのは、花が散った後の京鹿子とギボシの花。京鹿子は好きですが、なんせもたない。水揚げがうまくいっても、すぐにだめになってしまいます。が、今回は、花が終わった後だから続きを読む “竹花篭に混ぜさし”

青々と

前回の投稿に続き、今週の華やか花材。アジサイは、たくさんの花をつけた大きめの枝から二輪選んで切り出しました。大元は、玄関の甕、たっぷりの水に。 購入したアジサイの中で、この写真手前の花の色が一番魅力を感じました。濃い青と続きを読む “青々と”

初夏の落語会にて

週末は店で落語会でした。会場の床の間には、時期的にも、出演してくださる三遊亭金朝さんにもピッタリかと思い、大きな掛け軸を。この掛け軸が強いので、花はすっきりさせようと思っていたのですが、ちょうど、店先の山吹の枝を梳いてあ続きを読む “初夏の落語会にて”

広げる前に絞る

店の花の一つ。ドウダンツツジは蔓がついた鉢に、紫陽花とともに。枝の広がりは生かしつつ、大きな流れを決めて切っています。広がりを見せる時には、広げること以上に、締める部分が大切な気がします。というわけで、左側の紫陽花とドウ続きを読む “広げる前に絞る”