「怪談」の会場に

毎年恒例の夏のイベントでは、山村若静紀さんの狂い舞の後、照明を落として神田山緑さんの怪談噺をご覧いただいています。なので、いつものイベントと違って、色味を抑えたり、シルエットで映えるような花にするつもりなのですが、今回は続きを読む “「怪談」の会場に”

イベントに向けて

明日は店でのイベント「怪談」です。そして明後日はいけばな教室。 今日は準備で花をいけました。今回は花屋さんも嘆くくらい、お盆休みと異常気象で市場にいい花材がなかったそう。あったら買っておいて、と頼んだあれこれも、ほぼ手に続きを読む “イベントに向けて”

バラの実をいけかえて

伝統芸能ウィーク中で、飲食の部屋の床の間は、先週から元気なバラの実をいけ変えて、蘭とリンドウを。どちらも暑さには強い花材です。 この時期、掛け軸が大きいので、低く流しました。 今週末、日曜は8月1回目のいけばな教室です。続きを読む “バラの実をいけかえて”

早くも照り葉

 暑さが厳しいので、長持ちする花を、暑さに強い花材を、と考えて花材を購入するのですが、照り葉のライデンを見たら、そんなことはさておき、いけたくなります。 初田徹さんの竹花籠に、ライデン、レンギョウ、先週途中で買い足してい続きを読む “早くも照り葉”

イベント二週目の会場の花

今週も店でのイベント「伝統芸能ウィーク」は続きます。相変わらずの猛暑なので、花材は限られます。 会場となる部屋の床の間は、暑さにも強いレンギョウ。ピンクッションとスプレー菊を合わせました。こういう場所での気をつける点は、続きを読む “イベント二週目の会場の花”

イベントの期間中のいけ変え

今回は店で行っている「伝統芸能ウィーク」のいけ変え。まだ元気な花材に何を加えるか、組み替えは頭を使います。花が咲き終わったから新たに違う花を買ってきて入れるのもいいですが、大きく組み替えるのも、また楽しいものです. お食続きを読む “イベントの期間中のいけ変え”

イベント「伝統芸能ウィーク」スタート

 25日から8月5日まで、よし梅芳町亭では「伝統芸能ウィーク」を開催しております。平日夜に日替わりで、さまざまなジャンルの伝統芸能に携わる方々にご出演いただきます。  会場は2階。日本家屋の二階は屋根の熱が籠るので、人が続きを読む “イベント「伝統芸能ウィーク」スタート”

緑が深くなる頃

先週末のイベント用に部屋の床の間にいけたものです。こちらの部屋もお食事席で、会場の大きな花と変えて、静かなものにしました。 器は草野啓利さんのガラス器。深い緑に紅葉の若葉、先々週にギャラリーの時に使っていたリョウブとアケ続きを読む “緑が深くなる頃”

竹籠に遊ばせる

前回の投稿同様、週末の津軽三味線イベントでの、食事席の床の間の花。演奏会場の花が派手で大きかったので、食事席はおとなしく。 竹工芸家の初田徹さんの竹籠に。初田さんは22日ぐらいまで学芸大学で個展開催中。今回のイベントに重続きを読む “竹籠に遊ばせる”

津軽三味線の演奏会に

週末は店で津軽三味線の演奏会。「抗う者たち」と題し、久保田祐司さんと岡野哲也さんにご出演いただきました。 写真は会場の床の間。花屋さんに枝振りのいいマンサクがあり、スクッと立つ姿もいいなと。そしてシャクヤクとテッセン。マ続きを読む “津軽三味線の演奏会に”