イベントの花をアレンジ

先週9日に、講談の会を店で行いましたが、平日にある企業から貸切で落語と講談の会をお受けしていました。なので、イベントの時の花をアレンジ。 イベントの時はカメラマンの撮影が入るので、大きな文字の掛け軸があるとその書が目立っ続きを読む “イベントの花をアレンジ”

広告

豪華に

今回もイベント会場のお食事席の花を。 お正月らしく、ゴージャスにいけてみました。年末に購入した根引松のアレンジです。根引松はそれなりにお値段がいいですが、長持ちしますし、一本で華やかになるので、お値段以上のいい花材です。続きを読む “豪華に”

イベント会場を華やかに

今日は店での日本文化に親しむ会「講談 赤穂義士を聴く!」。高座の後ろにある床の間には、正月らしく、そして武家の世界に合うように、キリリといけました。 苔のついたシャラ、根引松、椿、センリョウ、金柳。最後までセンリョウを入続きを読む “イベント会場を華やかに”

イベント会場の食事席に

祝日月曜の店でのイベント「講談 赤穂義士を聴く!」のためにいけこみをしました。会場の花はまた次回。写真はお食事席の一つの床間の花です。 大王松にセンリョウ、菊をいけました。花入は、店でのイベントに何度もご出演くださってい続きを読む “イベント会場の食事席に”

2023仕事始めの床の間

明日から仕事始めです。年末にいけた花をいけ変えました。 昨年末、蝋梅と共に大きくいけた根引き松は、蝋梅が散りかけたので外して、松も一本に変え、菊を足しました。 花の市場は今日からですが、大体初日の花の状況があまり良くない続きを読む “2023仕事始めの床の間”

実り

先週末の店でのイベント「篠井英介×女流義太夫『邂逅』」に合わせ、食事のお席の床間は華やかに。花入は、ご出演いただく義太夫三味線の鶴澤寛也さんからのご紹介で、店でグループ展に出展してくださった初田徹さんの竹花籠。 この花籠続きを読む “実り”

深まる秋を

週末に開催したイベントは、俳優の篠井英介さんの踊りと女流義太夫の共演でした。演目の一つが「娘道成寺道行」で、桜満開の道成寺へ、白拍子が急いで向かっている場面なのですが、桜を用意するわけにもいかず、「花」と大きく書かれた掛続きを読む “深まる秋を”

「怪談」の会場に

毎年恒例の夏のイベントでは、山村若静紀さんの狂い舞の後、照明を落として神田山緑さんの怪談噺をご覧いただいています。なので、いつものイベントと違って、色味を抑えたり、シルエットで映えるような花にするつもりなのですが、今回は続きを読む “「怪談」の会場に”

イベントに向けて

明日は店でのイベント「怪談」です。そして明後日はいけばな教室。 今日は準備で花をいけました。今回は花屋さんも嘆くくらい、お盆休みと異常気象で市場にいい花材がなかったそう。あったら買っておいて、と頼んだあれこれも、ほぼ手に続きを読む “イベントに向けて”

バラの実をいけかえて

伝統芸能ウィーク中で、飲食の部屋の床の間は、先週から元気なバラの実をいけ変えて、蘭とリンドウを。どちらも暑さには強い花材です。 この時期、掛け軸が大きいので、低く流しました。 今週末、日曜は8月1回目のいけばな教室です。続きを読む “バラの実をいけかえて”