残った花材で

先週のギャラリー営業で残った花材を再利用。ベル鉄線の花は終わっても、葉が綺麗だったので、葉の部分とタンチョウアリアムで動きのある花を。今週末は土曜に津軽三味線の演奏会があり、週途中で花を買い足すので、それまではあるもので続きを読む “残った花材で”

広告

ギャラリー&カフェにて ユアン・クレイグ作品に

ユアン・クレイグさんの作品には、玄関のお迎え花はたっぷり花を入れているけれど、他はシンプルに。というのも、口元を含め、どんな形をしているのか、お客様にしっかりと見えることが第一です。なので、普段は投げ入れだと花の足元、花続きを読む “ギャラリー&カフェにて ユアン・クレイグ作品に”

ギャラリー&カフェにて ガラス花器に

7日まで開催中のギャラリーに展示中の草野啓利さんの吹きガラスにいけたあれこれ。 ガラスは透けるので、水の中も「見せる」意識で。そうすると必然的に本数を減らして、すっきりと。その数本でまとめるのが非常に難しいのです。 透明続きを読む “ギャラリー&カフェにて ガラス花器に”

ギャラリー&カフェにて 二人の作家の作品に

4日から7日まで開催中の「うるわしいもの」。一番大きな床の間には、草野啓利さんのガラス花器と、ユアン・クレイグさんの掛け花入れにいけました。 上から夏ハゼ、ガラス花器にはオクラレルカにタンチョウアリアム。 作品の展示が主続きを読む “ギャラリー&カフェにて 二人の作家の作品に”

ギャラリー&カフェ うるわしいもの 始まりました

今日4日から7日まで、よし梅芳町亭で期間限定ギャラリー&カフェをいたします。 5人の作家たちの美しい作品をお楽しみいただくと共に、 芳町亭の建物とお茶でお寛ぎくださいませ。 ご自由にご覧いただけますが、 作品と建物の都合続きを読む “ギャラリー&カフェ うるわしいもの 始まりました”

初夏の落語会にて

週末は店で落語会でした。会場の床の間には、時期的にも、出演してくださる三遊亭金朝さんにもピッタリかと思い、大きな掛け軸を。この掛け軸が強いので、花はすっきりさせようと思っていたのですが、ちょうど、店先の山吹の枝を梳いてあ続きを読む “初夏の落語会にて”

相手を選ぶ

前々回の投稿で、ジューンベリーには相性が悪かった藤色のスイートピーはここに。パニセツムのパープルファウンテングラスという、もはや呪文にしか思えない名前の、渋い色の長い猫じゃらしとともに。 この長い猫じゃらし(この方がしっ続きを読む “相手を選ぶ”

余った花材をテーブルに

先日投稿したジューンベリーの残りに枝でテーブル花。テーブル中央に置く花は、両サイドから見られるようにいけ、なおかつ、座ったり立ったりの動作中も目に入るので、上から見てもいいようにします。 ジューンベリーのように実の量が多続きを読む “余った花材をテーブルに”

可愛らしさに翻弄される

今週は、花屋さんに入って、目が釘付けになったジューンベリー。緑から赤く色づいた実の色に惹かれました。 こういう実がついていると、切るのがかわいそうになって、なかなかうまく整理できずに植木のようになってしまうこともあります続きを読む “可愛らしさに翻弄される”

ボサボサか、フワフワか

先週末の教室でも使ったユキヤナギに、カワラナデシコ、その前から元気なリョウブを。 ユキヤナギは、春先の花の時期、秋に葉が色づく頃などによく出てきますが、今回は新緑。細かい枝がボウボウとたくさん出ていて、ボサボサになるので続きを読む “ボサボサか、フワフワか”