花器の特徴を活かして

今週、小さな床の間には、前の週に大きくいけていた夏ハゼと週の途中で買い足したアルストロメリアを。 リングを立てたような形の花器で、この曲線を利用して、剣山を使わずにいけています。花器の特徴を利用する参考になればと思い、教続きを読む “花器の特徴を活かして”

面の構成 夏らしく

先週末の教室で、サンプルでいけたのはモンステラ、アンセリウム。テキストも進んでいくと、「面の構成」を学ぶテーマがあります。その時の参考に。 こういう花は床の間に合わないので、店ではあまり使いませんが、夏らしくて新鮮。今回続きを読む “面の構成 夏らしく”

5月2回目の教室 儚い美しさ

この季節は長持ちしない花も多いです。白い花をつけるナナカマドは、まさにそう。蕾で買ってしまうと、そのまま咲かずに黒ずんで萎れるし、白く咲いた花はあっという間に散ってしまいます。それでも、この花の枝振り、葉も大好きなので、続きを読む “5月2回目の教室 儚い美しさ”

見事な一輪

パパッといけ第二弾。ボタンのようなシャクヤク、しかも色の濃いものは、とても強い印象を与えるので、他のものを控えて、スッキリさせました。こういう時は花の高さ、葉の位置が見せ所です。 ヒメミズキの葉の整理には気を使いました。

アジサイの季節

先日、久しぶりの週末お休みで、そうなると溜まりに溜まった用事と、遊びにも行きたいのとで、なかなかのハードスケジュール。その合間に店の花をいけようと、パッと決まる花材を選びました。 ところが、慌てるのは良くないことで、花の続きを読む “アジサイの季節”

休日の自宅 目の高さに

自宅の飾り棚の上は、ちょうどライトが当たってコントラストが美しく見える場所です。それに目の高さに置けるので、下を向く花をいけるのにもちょうどいい。 家にたくさん咲いたバラを持ってきてくださった方がいて、いただいたバラだけ続きを読む “休日の自宅 目の高さに”

緑が深くなる頃

先週末のイベント用に部屋の床の間にいけたものです。こちらの部屋もお食事席で、会場の大きな花と変えて、静かなものにしました。 器は草野啓利さんのガラス器。深い緑に紅葉の若葉、先々週にギャラリーの時に使っていたリョウブとアケ続きを読む “緑が深くなる頃”

教室の花から料理屋の花へ

前回投稿のいけばな教室の花を、店の営業用に少しアレンジ。花が少し余っていたのと、いろんな席から見ることを考えて、テッセンを足しました。 正面 右側から。部屋に入った時に目に入る感じは、こちらです。 そして左側の席の方から続きを読む “教室の花から料理屋の花へ”

竹籠に遊ばせる

前回の投稿同様、週末の津軽三味線イベントでの、食事席の床の間の花。演奏会場の花が派手で大きかったので、食事席はおとなしく。 竹工芸家の初田徹さんの竹籠に。初田さんは22日ぐらいまで学芸大学で個展開催中。今回のイベントに重続きを読む “竹籠に遊ばせる”

津軽三味線の演奏会に

週末は店で津軽三味線の演奏会。「抗う者たち」と題し、久保田祐司さんと岡野哲也さんにご出演いただきました。 写真は会場の床の間。花屋さんに枝振りのいいマンサクがあり、スクッと立つ姿もいいなと。そしてシャクヤクとテッセン。マ続きを読む “津軽三味線の演奏会に”