文箱に

今週はひな祭り。床の間の立ち雛の脇は、蒔絵の文箱に花を詰めてみました。 上の蓋部分をずらし、引き出しの下段を少し出して、盃を複数忍ばせました。花はワックスタイプのラナンキュラスが2色。ピンクのヤグルマソウ、テマリソウ、ア続きを読む “文箱に”

曲がる枝を

床の間には相変わらずお雛様。バランスをとって、今回も小さめに。花材は先週までのものが使えそうだったので、遊んでみました。  柔軟性があるネコヤナギとヒメミズキをしっかり丸く曲げ、皆既日食のような形の、中央が空洞になってい続きを読む “曲がる枝を”

ヒメミズキで優しく

先週までの花が元気なので、今週はあまり花材を買い足しませんでした。そんな中で加えたのは、ヒメミズキ。ヒメミズキの柔らかな枝、小さな花芽は、加えると優しい印象になります。 もう4週目のボケ。このくらいになると花の色が薄くな続きを読む “ヒメミズキで優しく”

お雛様に花を添えて

雛人形を何箇所かに飾ったので、それに合わせていけてみました。人形を飾ったり集めたり、という趣味は個人的にはないのですが、それでも雛人形を飾ると、なんだか心が浮き立ちます。 これから3週間ぐらい飾っていると、だいたい初めの続きを読む “お雛様に花を添えて”

ネコヤナギ

ネコヤナギの新芽がピンクのタイプを見ると、可愛らしくてつい選んでしまいます。モコモコとした触感も撫でたくなりますし、照明の当て方でキラキラ輝いて見え、その美しさは魅力です。  今回は小さい床の間にいけたので、この柔らかい続きを読む “ネコヤナギ”

三週目のボケ

先々週購入したボケが満開なので、また違う感じで生け替えました。ボケのように長持ちする花材は、初めからいけ変えを考えていけています。さらにボケは、皮一枚繋がっていれば水が上がるくらい強いので、部分的に折って線を作ることもで続きを読む “三週目のボケ”

2月1回目の教室 籠で遊ぶ

1月の教室がイレギュラーだったため、2月1回目の今回の教室は二週連続。皆さんの家にも枝が余ると思って、今回は枝を使わず、型のレッスンも離れ、籠で遊んでもらいました。 使ったのは、店でテイクアウト商品などを入れて販売してい続きを読む “2月1回目の教室 籠で遊ぶ”

春を拾い集める

床の間には、先週のいけばな教室で使ったレンギョウとギンコウバイ、そして菜の花を。 掛軸は引き続き、松林桂月のもの。道には雪が残っているけれど春の花が、みたいな詩が書いてあるので、寒さの中に春を拾い集めるように、籠を使いま続きを読む “春を拾い集める”

雪のように

 先週日曜は今年初めのいけばな教室。今回はコブシ、啓翁桜、サンシュウから、選んでもらいました。 私がいけたのはコブシ。華奢すぎるユキヤナギを合わせました。ユキヤナギはよく店頭で見かけるものの半分くらいの細さなので、逆にそ続きを読む “雪のように”