まもなく開催 ギャラリー&カフェ

4日〜7日までよし梅芳町亭でギャラリー&カフェをいたします。 写真はご案内ハガキ用に福原毅さんに撮影していただいたもの。ガラスの花器は草野啓利さんの作品です。 こういう作品メインの展示には、剣山を使わず、作品を見せたいの続きを読む “まもなく開催 ギャラリー&カフェ”

ツツジの枝を動かす

先週末のいけばな教室で用意した枝のひとつ、ツツジは種類によってはタメがきいて、自分で表情をつけることができます。なので、参加してくださる皆さんの参考までに、こんなに動かせます見本を用意しました。 ちょうど一種いけをなさる続きを読む “ツツジの枝を動かす”

少ない花材で

前回の投稿で教室の参考にいけた一種いけは花をたくさん使いましたが、グロリオサは教室終了後にバラして、二ヶ所に。 一つは小さな床の間。いわゆるぺんぺん草、ナズナの柔らかな線と合わせて。 もう1つは本店の玄関に。オクラレルカ続きを読む “少ない花材で”

ご案内葉書用に

5月4日から7日は「うるわしいもの3」。店をギャラリー&カフェにします。 小川郁子さん(切子)、草野啓利さん(吹きガラス)、竹山佳佑さん(仕覆)、松原智仁さん(彫金)、ユアン・クレイグさん(陶芸)に作品を出展していただき続きを読む “ご案内葉書用に”

春のやわらかさ

外を歩けば桜が満開。ただ今週は、市場に花が少なかったとかで、花屋さんにもお花が少なく、ちょっと悩みました。 写真は、ワックスタイプのラナンキュラスにディアネラ、リキュウソウ。こういう時は、花入に助けてもらう。竹工芸家の初続きを読む “春のやわらかさ”

桜にちなんだ演奏会に

12日の土曜日は、胡弓と地唄三味線の演奏会「桜に揺れる悠久の音色」を店で開催しました。 タイトルに「桜」といれたので、ここは桜をいけねば。桜の難しいところは、花の色と花のつき具合です。もう少し季節が進むと色が濃く大ぶりで続きを読む “桜にちなんだ演奏会に”

今年もギャラリー&カフェやります

よし梅芳町亭で、一昨年から行なっているギャラリー&カフェを、今年も5月4日から7日まで「うるわしいもの」と題し、開催します。 今年は昨年に続き、ガラス作家の草野啓利さん、陶芸家のユアン・クレイグさん、仕覆作家の竹山佳佑さ続きを読む “今年もギャラリー&カフェやります”