秋の空

先週末の教室で使ったススキを自分でもいけておきました。  気持ちのいい秋風をイメージして、上の方に空間を作るように広がりを持たせるのが好みですが、たまにはすっと背を伸ばすようにいけるのも、空が高く感じる秋らしくていいなと続きを読む “秋の空”

枝二種類を使って

 9月2回目のいけばな教室です。今回は型を勉強するのにやりやすい枝が少なかったので、ススキを使って秋の混ぜ差し。面の構成をやる方は小さめのモンステラなど、人それぞれの花材で楽しんでいただきました。  花材をお渡しするとき続きを読む “枝二種類を使って”

豆柿

秋は実をいける楽しみがあります。この豆柿は、先週末のいけばな教室でも使った花材です。直線と曲線の構成、あらゆる角度から見られるように、ということを学ぶお二人用に用意しておきました。 写真は小さい床の間に。豆柿は長さがあり続きを読む “豆柿”

枝先を遊ばせる

9月1回目の教室です。9日は重陽、菊の節句なので、型のレッスンの方には菊を数種類混ぜていけてもらいました。枝はカクバアカシアとユーカリから。カクバアカシアは私もいけたことがないので、好きなタイプではないと思いつつも選んで続きを読む “枝先を遊ばせる”

葉、3枚の違った曲線を

葉ものをいける、というテーマでのレッスンの参考に、先週いけたハランをいけ変えて記録しておきました。 葉っぱものは、指に巻いてテンションをかけてカーブさせますが、その組み合わせで構成を考えるのも楽しいものです。 今回の3枚続きを読む “葉、3枚の違った曲線を”

8月2回目の教室 葉をいける

 イベントの翌日、8月二回目のいけばな教室は、市場のお盆休み明けの関係で、枝物が前回と同じになるので、葉や穂で自由にいけてもらうことにしました。ハランかタマスダレ。花もいろいろ混ぜて、好きなもので。 ハランを選んだ方には続きを読む “8月2回目の教室 葉をいける”

8月1回目の教室 枝の動きを活かして

今回は、ほとんどの方にヤシオツツジを使ってもらいました。美しい枝振りを活かしながら、整えていく。教室でワサワサと繁った枝を使うのは久しぶりです。 直線と曲線の構成をテーマにしていける方がいて、バラの実とストレチアを用意し続きを読む “8月1回目の教室 枝の動きを活かして”

曲線を加えて直線を活かす

先日の7月2回目の教室では、直線の構成をテーマにした方もいらして、それに向く花材も二種類用意していました。トクサとアガパンサスです。テキストにも直線を強調するために、小さな曲線を組み合わせるのも効果的、と書いてありますが続きを読む “曲線を加えて直線を活かす”

7月2回目の教室 

暑い中での教室。今日はアメリカリョウブやユキヤナギ、トクサなどの緑に、それぞれ花を選んでもらいました。 店は月曜からイベントなので、イベント用に各所に。なるべく蕾のものをいけ、明日から徐々に咲いてくれるように調整中です。続きを読む “7月2回目の教室 ”

7月1回目のいけばな教室 夏の花材

7月1回目のいけばな教室では、枝はシャラか夏ハゼ。曲線の構成をテーマにする方もいらしたので、ディアネラも用意しました。それに、キキョウ、クガイソウ、エリンジューム、アリストロメリアから、二種類の花を選んでもらいました。 続きを読む “7月1回目のいけばな教室 夏の花材”