赤の中の緑

今週は紅葉したイワツツジが美しかったので、秋らしく赤をメインにいけました。

 床の間に使ったイワツツジは、緑から赤に変わっていくグラデーションを活かすために、花は柔らかい色合いの菊とホトトギスを一本ずつ。六つ目籠に。

紅葉の中に、スッと緑が入ると、赤も緑も映えます。なので、菊もホトトギスも葉の緑を活かしました。

10月1回目の教室 

 花材も秋。今回は色づき始めたユキヤナギと、足元を見せる、曲線の構成、などの課題の方にはセッカヤナギを用意しました。花はコスモスやホトトギス、シュウメイギクなど。

店の部屋にいけたユキヤナギは、こちらも色づき始めたバラの実と合わせて、少し寂しさのある花にしました。ユキヤナギはぎっしりつまっている葉を整理して、揺れるような流れを見せるのもポイントです。

ユキヤナギは葉が落ちやすいですが、色づいた葉が2割3割しか残っていない状態も、詫びた感じで美しいものです。日々、変化するので、深まる秋を感じられるのも楽しみです。

小さな花

こまごまと、小さい花を。

花屋さんで初めてみたタイプの緑の蘭、パフィオペディラム。棚になっていて少し高さのあるこの床の間にいけようと思って買いました。合わせたのはミズヒキ。

部屋のコーナーには籠。桔梗と山吹の葉にケイトウ。

 今週末は10月1回目の教室です。本当に月日が経つのは早いですね。

 この小さい栗は、密集して実がついているので、見た目は可愛らしくて、ついつい買ってしまうのだけれど、いけにくいなぁと、いつも思います。でも見るたびに、今回こそ、すっといけてみたいと手にとってしまいます。

 可愛らしい顔をして、主張が強いので、それだけを目立たせるか、その強さを少し隠して埋もれさせるか、です。今回は秋なので、混ぜ差しで、栗を少し低くして、他の花と混ぜてみました。

 菊と水引、フジバカマ、照り葉のヒペリカム、紫色のヴェルノニア、栗。籠は初田透さんの作品です。

ひねた感じもいい

 日々、花の咲き具合によって微調整を繰り返していますが、大きくいけかえるのは週末。それでも前の週の使えそうな花は残していきます。

百合も長持ちしますので、よく買いますが、次々に咲いていって、先端の小さい蕾は、咲く力が弱いこともあって、面白い形になることもあります。それが小さな花入にはよく似合います。

廊下の釣り花入は照明も暗いので、渋くていいなぁと。ちょっとチューリップみたいですが。

秋の空

先週末の教室で使ったススキを自分でもいけておきました。

 気持ちのいい秋風をイメージして、上の方に空間を作るように広がりを持たせるのが好みですが、たまにはすっと背を伸ばすようにいけるのも、空が高く感じる秋らしくていいなと。

あわせたのはヤシオツツジ、ビバーナムの実、クジャクソウです。

枝二種類を使って

 9月2回目のいけばな教室です。今回は型を勉強するのにやりやすい枝が少なかったので、ススキを使って秋の混ぜ差し。面の構成をやる方は小さめのモンステラなど、人それぞれの花材で楽しんでいただきました。

 花材をお渡しするときにも、数パターンの構成が見えるかどうか、あらかじめ考えていますが、選んだご本人の好み、個性、によって、またさまざま。正解はないので、そうきますか、とこちらも気付かされることがたくさんあります。

 店の花は、もう少しすると、枝を二種類使っていける、というテーマにあたる方がいるので、その参考に。スズバラの実とヤシオツツジ、先週使っていたセルリナを使い回しました。

恐ろしげな名前ですが

 名前を聞くと物騒な感じがいたしますが、トリカブトはわりと好きな花で、見かけるとつい欲しくなります。ミステリーなどでは毒殺などで使われていますが、花屋さんで見かけるこのタイプには、毒はないと思います。

たまに葉がゴワっとしている時もありますが、今回はとてもいい可憐さ。先週の小さな花器に、いくつか使いました。

ガラス器にはトリカブト一輪のみ。途中で切って、葉の部分も活かしています。花器は、小学生の頃、姉と一緒に、誕生日に母にプレゼントしたもの。思い出の花器です。

籠にもトリカブトと店先のヤブランの花と葉。リンドウ。

今週日曜は9月2回目の教室です。

中秋の名月の自宅

先週土曜は中秋の名月でした。店はお休みだったので、自宅にススキだけでも。

秋明菊と合わせたので、少し高さを活かすために、籠を利用しました。

自宅はサラリといけると落ち着きます。

今週末、三連休の中日ですが今月2回目の教室です。

重陽 菊の節句の席で

9月9日は重陽。菊の節句です。小唄を楽しむお客様がご来店くださるので、床の間には菊を。

秋の日は釣瓶落とし、と言いますので、竹の一刀彫の釣瓶に、ドライにしている老爺柿とバラの実をかけ、後ろに小さい花器を置いて、菊とヤマブキの葉を脇から覗くようにしました。

この時期、菊は価格が上がるので、花屋さんも仕入れを控えたりするそうです。今回は豪華な菊がなかったので、アイディア勝負。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。