トクサの使い回し

先週、トクサをたくさん使っていましたが、根が出てきて、まだまだ元気だったので、店の入り口の甕にまとめていけました。根元をゴムでまとめ、曲げたラインが重なるように。 ゴムが見えないよう、アジサイを添えて。ひどい暑さで、水甕続きを読む “トクサの使い回し”

枝を遊ばせて

山ゴボウも、つい買いたくなる花材です。実が黒くなってくると、落ちた時にシミになるので、座敷や床の間には注意が必要。今回はまだ実が緑なので、床の間にいけました。色づいてきたら気をつけなければ。 遊んでいる実を生かすために、続きを読む “枝を遊ばせて”

高さをいかして

カヤガマが美しかったので、今週は本店の玄関にも。美しいことは間違いないのですが、この高さ、いける場所を選びます。そしてこういう葉は枯れるのも早いです。 写真は玄関に置いたカヤガマ、リョウブ、スカビオサ。 芳町亭の床の間に続きを読む “高さをいかして”

直線と面

先日の教室では直線をいけるためのトクサを多く買っていたので、少し先のレッスン内容もいけてみました。「直線の集合で面を作る」です。トクサをまとめて並べて作る面。折り目から穂先までは広げて面を作る。その連なりを楽しむ花です。続きを読む “直線と面”

直線をみせる

今回は、教室で直線の構成をやってみる方がいらしたので、床の間にも。 トクサは茎の青々した色に節がアクセントになって、どう入れても美しく見えます。軽くてストロー状になっているので、投げ入れの際は浮かないように工夫が必要です続きを読む “直線をみせる”

柔らかい線を作る

先週末に購入した枝の一つがバイカウツギで、花は持ちにくいし、枝振りもそんなに良くなかったので、何か抑えでどうとでもなる花材を、と思い、ニュウサイランを買いました。 というわけで小さい床の間にニュウサイランと先週から元気な続きを読む “柔らかい線を作る”

草の清涼感

 苅萱(カルカヤ)が綺麗だったので、違い棚にも。小ぶりで、茎が遊んでいるリンドウとあわせてさっぱりといけました。カルカヤなどは、常に霧を拭いておけばもちますが、乾燥してすぐに丸まってきます。 ほんの数日ですが、清涼感を楽続きを読む “草の清涼感”

夕霧

雨の多い季節。紫陽花だけではなく、青や紫の水を思い起こさせる色をいけたくなります。今回は夕霧草。普段、このブログでは植物はカタカナで書いていますが、こういう美しい名前は漢字が似合います。 夕霧草は日持ちしませんが、欲しく続きを読む “夕霧”

直線と濃淡

前回は曲線でしたが、別の部屋には直線の構成を。通常より小さな穂をつけたコバンソウにモナルダ、アナベルを合わせています。 直線の構成ですが、同時に足元を見せるいけ方。足元をキレイに整える、というのは、最も基本で、とても重要続きを読む “直線と濃淡”

6月1回目の教室 曲線の構成

日曜は6月1回目の教室。ブルーベリー、レンギョウ、シモツケから枝を選んでもらって、それぞれに。どれも葉の整理をすることが美しく見せるポイントのような花材でしたが、「曲線の構成」をテーマにレッスンする方がいたので、床の間に続きを読む “6月1回目の教室 曲線の構成”