11月2回目のいけばな教室 枝二種類で

11月2回目のいけばな教室は、青モジ、紅葉したヒペリカム、ボケのいずれかを選んでいただきました。参加してくださった中で、2種類の枝でいけるレッスンの方がいらしたので、店にも二種の枝物を。

 ボケと椿。ボケはタメが利かない花材ですが、水揚げがよく、皮一枚繋がっていれば水を吸い上げてくれるので、加工がしやすく、皮に切れ込みを入れ、角を作って枝振りを良くしていきます。今回は右の花器に少し折り目を入れたボケをいれて自立させ、左側から伸ばしたもう一本のボケは、右の枝に立てかけるようにしています。

 椿は先週買ったものなので、いい具合に咲いているところを残して、かなり葉を落としました。

12月は第一週と第三週が通常の教室で、第四週の25日は、正月花の特別講習です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。