月の釣り花入

 つい先日、皆既月食で賑わっていましたが、秋といえば月見。月にちなんだ物を飾ることも多い季節です。

 枯れものの枝も豊富なので、玄関は遊んでみました。暖簾をかけている竿に、猿公、月を取らんと欲す、を思わせる猿の自在鉤と月の釣り花入をかけ、月にツルウメモドキを絡ませました。

 枝は岩ツツジと、普通のツツジ。この場所は花材が長持ちするので、ストック場所のように、花を多めにいれています。

店は夜しか営業していないので、夜に見て、美しく見えるように生けています。例えば色。涼んだ色ばかりだと、ただのごちゃごちゃに見えるので、白い菊を。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。