重陽 菊の節句の席で

9月9日は重陽。菊の節句です。小唄を楽しむお客様がご来店くださるので、床の間には菊を。

秋の日は釣瓶落とし、と言いますので、竹の一刀彫の釣瓶に、ドライにしている老爺柿とバラの実をかけ、後ろに小さい花器を置いて、菊とヤマブキの葉を脇から覗くようにしました。

この時期、菊は価格が上がるので、花屋さんも仕入れを控えたりするそうです。今回は豪華な菊がなかったので、アイディア勝負。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。