いけばな教室 足元を遊ぶ

今回の教室は夏ハゼとツツジを用意しました。どちらもいい枝が揃ったので、というより、基本の型をいけるには少し暴れすぎているくらいの枝もあったので、逆にそういう部分だけ集めて、面白い枝ならではのいけ方をしてみました。

ゴンスケという名の夏ハゼ、ツツジ。この夏ハゼは一般的なものより葉がつるんとして、ブルーベリーに近い感じ。中央から出ているように見える夏ハゼは、剣山で立てたのではなく、実は折れ曲がった枝で、花器の左角に端があり、底を這うように繋がっています。水中と足元の枝振りを複雑にしたので、葉と花は無造作に広げました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。